読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

長時間労働は互いの首を絞めあうだけ

f:id:morningglorycloud0203:20160304003426j:plain

1日8時間以上もの労働時間を強いる上に残業などと長時間労働が全国的に横行して日本人の働き方の常識と化している。一見、良く働いて頑張っているように見えるがとんでもない間違いでこれが互いの首を絞めあっている事を理解している人は少ない。こんな発言をリアルでしようものならば変人扱いされることは間違いないだろう。ではなぜ長時間労働が互いの首を絞めあうことになるのか書いていきたいと思う。

 スポンサーリンク

 

長時間労働は互いの首を絞めあう

1日8時間働くだけでも長時間だというのに更に残業(しかも無料でしているアホもいる)1日のトータル労働時間は10~12時間以上となり通勤なども合わせると1日の大半を会社のために費やしていることになる。しかも、平日勤務の人間が圧倒的に多く多くの人が同時に往来するため大規模な渋滞を引き起こしたり超満員な電車でストレスを抱えながら毎日を送ることになる。一人が長時間働く事によって大勢の雇用を奪うことになるし無料で残業なんてしてたら猶更だろう。会社はそれだけ経費をかけなくて良いのだから。

肉体改造と同じでオーバーワークは百害あって一利なし

肉体改造の世界でも同じで、オーバーワークは百害あって一利なし。1日6時間ほど働いて帰って自分の事や家族と過ごしたり本を読んだり、休むなりする。そして稼いだ金を使うこと。オーバーワークで仕事ばかりしてるとクソな人生で終了するだけ。雇用は減るし金も使わないから税収は減って消費税ばかり上げましょうというクソな循環になるだけだ。長時間労働が常識になっているなら半分に減らすとか大胆な改革が必要になるがそれだけ人生は充実する。(趣味ややることない人はしらん!自分で探せ)

一杯のコーヒーを楽しむ余裕を持とう

俺が言いたいのは結局ここに集約される。現代社会は一杯のコーヒーを心から楽しむ余裕が少ない。夕方、のんびりと過ごす時間も許されない事が多い。休憩中に一息つくコーヒーとはちがう。アウトドアでコーヒーを楽しんだり落ち着いてじっくり考えたり息子と釣りに行く時間を増やしたり、家族を旅行に連れて行ったりすること。これが普通にできるようになろう。首を絞めあってばかりの世の中なんていいことない。

スポンサーリンク