読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

【クソ制度】地域おこし協力隊 これって意味あるのか?

クソ制度 少子化 労働環境

www.iju-join.jp

人口減少で過疎化が進み、このままの状態では廃村もどんどん増える状況で若者は都会へ都会へと出て行ってしまう。地域の若者が都会へ職を求めて出て行った結果、田舎では労働人口も高齢化、人口は日に日に減少するという悪循環を繰り返している状況だ。地域おこし協力隊というこの制度の背景とは地方⇔都市間の若年層人口のギャップと地域おこしの担い手が減少しているところにあるんだよ。限界集落化すればそこからの再生は非常に困難となる中、その前に食い止めようと必死になってるわけだ。だけど、何か違和感を感じるんだよね。正直こんなので地域が活性化されるか?一部の地域では結果が出ているようだけどね・・だからと言って若い労働人口が増えてるのかと言えばそんなこたーない。むしろ減ってるんだぜ?

スポンサーリンク

 

 地域おこし協力隊って本気で若者に移住させたいと思ってるのか?

総務省が隊員1人につき報償費等として年間200 万円~250万円、活動費として年間150万円~200万円をそれぞれ上限に地方自治体に対して財政支援している。また、2014年度からは隊員最終年次か任期後1年の間、隊員の起業に要する経費について地方自治体が支援を行った場合、100万円を上限に国の支援を上乗せした。隊員の期間は概ね1年以上最長3年までとしている。ただし、3年を超えても財政支援の対象にはならないが、活動の継続は可能である。

地域おこし協力隊 - Wikipedia

概ね1年以上最長3年までって、本気で才能ある若者が「たくさん」移住すると思ってるのか?退任後の道は地域で就業するか起業するかという道を選ぶ(100万円を上限に支援が上乗せされる)がそもそもこんな冷遇で優秀な若者が田舎にくるかよ。基本的にこの制度の目的はできるだけたくさんの移住者に来てもらって地域を活性化させることが目的なのに正規雇用前提で生きていくこの世の中で非正規のような扱いや低賃金さといいちょっと頭がどうかしてるとしか言いようがない。普通、本気で移住してほしいのであれば衣食住無料・最低月30万(手取りで25~6か?)移動手段貸与・地域活性化に成功した場合は成功ボーナスなど手厚い待遇で迎えるのが筋だろう。

低賃金で地域を盛り上げようなんて虫が良すぎ

この国が人口減でヤバい状況にあるなんて誰も考えてないんだろう。ただ、統計やテレビのニュースを見て「ああ、そうなのか。やばいな~」くらいにしか思ってない。本気でやばいし自分の子供が大人になった頃には更にヤバい状況だなんて一部の人を除いて理解すらしてないんじゃないかと思う。待遇にやる気のなさが滲み出てるのが問題なんだよ。募集要項を見てもいちいち審査がめんどくさいし求められる人も少人数だしね。正直虫が良すぎるんだよね。

任期後の受け皿やそれに見合った仕事がないんじゃね?

この制度による成功事例は確かにあるんだろう。だがそれが一部の地域の事であることは明白なんだ。何故なら一向に若者が増えて行かないし制度が定着しないのもそう。若者を受け入れるだけの受け皿やそれに見合った仕事がないから。田舎へ移住しようなんて軽々しく言う奴や行くやつもいるが大半はその地域に定着などしない。

求人の募集人員は数名。数名で人口増加につながるのかよ?

目下の課題はここだろ?若者に来てもらい、若者人口を増やし子供を産んでもらい定着してもらう。いくら優秀なわかものが一人二人定着したからって人口なんて増えるわけない。田舎の人口がどんどん減ってる理由を考えれば一目瞭然なのに中途半端な対策をしたところで意味はない。そもそも、地域が本気で取り組んでないのにうまくいくわけないだろwおっと、たまたまうまくいった地域を取り上げて結果が出てるなんて馬鹿のいう事だぜ?その地域に生まれた子供たちが出て行って人口がどんどん減ることには何かしら理由があるんだ。

地域が過疎化するには理由がある。意味もないのに人は減らない

日本全体が人口減状況というのは理由がある。将来に不安があるから結婚できない、仕事が忙しすぎて子育てどころではない。女性の社会進出に伴い、子供を産まなくなった。など色々ある。田舎だって同じだろう?何より仕事がない、不便、地域のつながり自体がメンドクサイ、ちゃんと理由があるんだよ。その事に地域全体が向き合わない限り人は減るだけ。都会に流れていくのはその逆だろ?便利、仕事が多い、娯楽が沢山あって住むところも探せばある。ホームレスでさえ、多いのは都会だろ?

都会生活に疲れた奴が地域おこし協力隊に入隊。意味あるのか?

ノマド的な感覚の奴や都会の生活に疲れた奴、就職戦争に敗れた奴が流れ着くイメージが付きまとうこの制度において、町おこし、人口増という命題を担うには相違があるんじゃないか?より自分らしく、よりスローな生活を求めている人間と一方で街を活性化させ、マンパワーを強くしようとする地域おこし協力隊との間にギャップが生まれるんじゃないか?単なる田舎暮らしの延長で応募する奴が多いと思うんだけど。それってなんか意味あるのか??俺は根本的に解決しないと意味ないと思うが。

中には本気で地域活性化をしようとしてる人もいるようだが

中には本気で地域を活性化させようとNPOを立ち上げたり、試行錯誤してる人もいるようだけどやっぱ全体がそういう危機感みたいなのを共有しないと厳しいよ。勘違いしないで欲しいが地域を活性化させようという試みを批判してるわけじゃないんだ。制度自体がクソだと言ってるんだよ。最低賃金で最高の結果を出すなんて土台不可能だし期間も限定人数も限定ときたら単なるクソとしか言いようがない。

スポンサーリンク