読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

イケダハヤト商法ってヤマギシ会(ヤマギシズム)に似てる

f:id:morningglorycloud0203:20160417104605p:plain

※出典 イケダハヤト氏のブログより まだ東京で消耗してるの?

田舎暮らしをしつつブログなどを通じた事業で成功しているイケダハヤト氏はすごいなぁと思う。本人も相当のリスクを背負っての生き方だろうし行動力もすごい。

 

俺はアンチとかじゃないし批判するつもりは毛頭ないけど(正直羨ましい)イケダハヤト氏の商売方法ってどこかで見たことあると思ってたら、熱狂的な信者、集金システム、移住システム(ベーシックインカム含む)全く同じというわけではないけど、ところどころでヤマギシ会の事を思い出すシステムなんだよね。

スポンサーリンク 

 

まず、ヤマギシ会とはなにか

幸福会ヤマギシ会といって1953年に山岸巳代蔵氏が「山岸式養鶏会」として立ち上げたのが始まりの表面的な見方をすれば共産主義コミュニティと思っていい。

 

個人の所有は一切認められないし、共同社会の中で暮らしていく理想郷を目指した社会で人々は田舎の広大な土地の中で農作業などを主な仕事として生活する。主な収入源は農業養鶏などを町に売りに行ったりする事だけど一般入会者は日本円という通貨は利用できないので内部の人たちは買い物などできない。稼いだ金は運営が入会者の衣食住に使ったりする。

 

外部との接触を限りなく遮断した社会、子供たちもこの集団の中で生きていくし義務教育のうちは外の学校に行けるがクラブ活動などをはじめとする課外活動は禁止されている。

 

過去の事なので内容は端折るが周辺住民や入会や勧誘を巡って様々なトラブルを起こして世間的に見れば危険思想団体・カルト集団扱いされているのがヤマギシ会。入会するときに財産を渡す必要があるしね。一般的に見ればおかしな団体であることは否定できない。

イケダハヤト商法って現代版のヤマギシ会

思想や主義主張は横に置いといて、イケダハヤト氏の商売はどこかヤマギシズムを感じさせるものがある。田舎への移住や入会者の囲い込み、収入システム、形は違えどヤマギシにそっくりだ。メンバーは熱心にブログという畑を耕して、ひたすらその理想郷を追求しているしイケダハヤト牧場で生産されたブログや情報商材を利用して外部から金を稼いでる。

 

ヤマギシ会と違う点は財産をイケダハヤト氏に渡す必要はないし稼いだ金は自由に使えること。メンバーはとても幸せなんだろう、理想のコミュニティを手に入れ、自由な金の稼ぎ方を手に入れ、今の段階では良好なんだと思う。

 

問題はイケダハヤト商法がいつまで続くのかということ

問題はイケダハヤト商法がいつまで続くかってこと。ヤマギシも最初は良かったんだ。それが暫くするとトラブルという形で表面化してくるんだよね。

 

・周辺住民とのトラブル 

そのトラブルが今現在あるのかないのかは俺も知らないけどヤマギシは起こしていたね。今現在起きてない事を言っても仕方ないが何もない事を祈る。

 

・入退会を巡ってのトラブル

ヤマギシは入退会を巡って様々なトラブルを起こしていた。マインドコントロールに財産贈与などのトラブルがそう。イケダハヤト氏はそういう事はないだろうけどあるとすれば信者がイケダハヤト氏を尊師のように崇めている点。一種のマインドコントロールに見えるし一般的にみると宗教っぽい。ヤマギシ程退会は難しくないだろうけどこの手の移住やブログやアフィリエイトで普通の人が貯金ができるとは思えないので一般社会に復帰するのが困難だという点では似ていると思う。したがって退会しようにも退会後はバイトか生活保護者一直線。目が覚めた信者が暴露本などで一矢報いるおまけ付きかもしれない。(ヤマギシは暴露本が沢山出てる)

 

・収入の源泉が不確定という点

言い出したらきりがないのかもしれないが農業収入は自然現象に左右される。普通の会社と違って大雨一つでころっと変わったり、日照や暖冬・冷夏によって左右されてしまう。その年の収入は天に握られてしまってるというリスクが付きまとう。一方イケダハヤト商法も似ていて、まず安定と言う言葉からは程遠いものがある。まあイケダハヤト氏程稼いでいればどうでもいいのかもしれないが信者はそうもいかないだろう。

 

・アンチが多いという点

ヤマギシにはとてもアンチが多い。周囲の人からみれば気持ち悪い集団だし様々な事件やトラブルを起こした存在として認知されてる。実際は接してみれば普通の人と変わりないのかもしれないけど入退会を巡るトラブルに関わりたくないのが一般人のホンネ。どうみてもカルト集団。一方イケダハヤト氏は炎上商法を確立して炎上ブログ業界では有名な存在だ。ファン(信者)も相当多いだろうけどアンチはもっと多い。アンチ側から見ればどう見てもカルト集団にしか見えない。

 

このようにとても酷似している部分があって興味をそそる。今後の動向は気になるし、正直稼ぎ方には羨ましいと思ってる部分があるよ。とても真似できないしね。イケダハヤト氏は頭がいいのだと思う。良すぎてアンチ側からは理解できない事が沢山あるんだろう。

 

最後にヤマギシ会は税務調査を受けてとんでもない損害を出したけどイケダハヤト氏は大丈夫なのだろうか?キッチリ申告してるんだから大丈夫か!

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます。

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書)