The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

不動産仲介業は必要な存在だと思う。では何故不要と思われるか

www.b-chan.jp

 不動産仲介業について解説してあるブログ記事を見た。上記ブログの主が解説しているように不動産業者は必要不可欠な存在だ。何故なら、賃貸にしても売買にしても個人的に販売ルートを確保するのが難しいから。個人的に顧客を見つけるルートを確保できる人は仲介業者は必要ないと思うが、一般的にはそのようなルート確保というのは非常に難しい。不動産は重要な財産だが、法令制限税その他によって個人売買のハードルが非常に高い。当然、専門的な知識と売買の相手や賃借人を見つけて契約に至れば、そこには報酬が発生して当然の結果と言える。では、何故その専門性や販売ルート確保に尽力しても不必要な存在と思われるのか検討してみたい。

スポンサーリンク 

 

不動産業者はとりあえず胡散臭がられている

不動産業者はとにかく数が多い。しかし賃貸仲介では接客態度に差はあれ、仲介業者自体にできることが少ないため、大きな差はないと思っていい。よくネットで目にする、空室確認して来店したらもうないから別の物件を紹介された!仲介業者がおかしい!なんて話は仲介業者はおかしくない確立のほうが高い。何故なら、その空室の主は仲介業者そのものではないから。他の仲介業者が「入居申し込み」をした場合、契約には至ってなくても入居審査完了まではその物件には1番手がいるので一番手が入居審査に落ちれば2番手が審査を受ける権利を得ることができる仕組みになっている。

 

上記のネットで目にする話は、普通に起こりうる事で不動産業に携わる者からすれば仲介業者はおかしくないという結論になるが、お客さんから見れば仕組みを知らないからおかしいだろ!という事になるわけだ。最初に説明をしておけばなんの事はないのだが説明しない業者が多いんだろう。自分たちからすれば常識なんだからね。

不動産業者の胡散臭さが顕著に現れるのは「売買」の時

たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法 借りて増やす技術

たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法 借りて増やす技術

 

 

不動産業者の胡散臭さが顕著に現れるのは、賃貸の時ではなく「売買」の時だ。不動産という商材の性質上、同じ物は二つとない。取引される物そのものが特殊な物なのだ。そして無事売買が決まって問題なく手続きが進めば、売りも手も書い手も自社で見つければ両者から仲介手数料を得る。売り手、買い手の片方の場合はどちらか一方から仲介手数料を得る。基本的に不動産業者の稼ぎはこの仲介手数料の限度内となるので両手取引を目標に各社壮絶なバトルが繰り広げられることになる。

 

不動産を売り買いしたい人からすれば業者間の問題など、どうでも良い話だし関係のない事なのだが、例えば土地を売りたい人がある業者に専任で売りを任せた場合、良心的な業者であればいち早く土地を流通させるルートを確保しとにかく売却に尽力する。結果としてそれが片手取引と言われる売り主側からだけの報酬になり、買い手側の報酬を無視してでも対応してくれるのだが、悪どい業者になると自社で抱え込んで物件を隠すところがあるのだ。

 

流通機構や流通サイトなどにオープンになっているから問い合わせると、「話掛がある。」「もう買い手が決まっている」など物件を抱え込んで離さないというクソ業者は本当に多い。結局の処、こういう行動は誰も得しない。業者も信用を無くすし売り手は売るタイミングを逃しかねないし業界も胡散臭さが増す。

 

そして、極めつけは物件査定価格の適当さ。例えば土地を売りたいお客さんは相場より高額な査定をして貰えれば確かに嬉しいものだ。しかし、結局その価格では売れないので値下げをすることになる。こうやってとりあえずは専任媒介契約を結ぶため、高額査定で契約を結んでおけば後からどうとでもなると思っているしどうとでもなってきた過去からの経緯がある。

 

更に、不動産業界の仕組み上、従業員が長続きしない。その結果、宅建すら取得していない素人同然の営業が対応することになり、乏しい知識で話を進め、昨日言ってることと今日言ってる事が違うなどの謎対応になるわけだ。

不動産業者に問い合わせをしないと全貌がわからない仕組みになっている

現在は大手が運営するポータルサイトなどが展開されているため、物件の検索や場所の情報は昔に比べて手に入りやすくなっているが、物件の全貌や具体的な内容というのは不動産業者に問い合わせないと結局わからない。ポータルサイトなどは、一般のお客さんのための情報ツールではなく、不動産屋の集客ツールでしかないのである。

 

確かに、現状では仲介業者がいなければ不動産売買は難しい。法令制限税その他という複雑な内容にプラスして情報格差が生まれる仕組みが出来ているからだ。情報の隠し方が陰湿そのものにしか見えないため、一般的に見れば自らは何も購入せず人の所有物を我物顔で動かして手数料だけ持っていく存在にしか見えない。

 

一般的に見て胡散臭がられている理由は、ほぼ間違いない事実なのだが、現段階では仲介業者がいないと話にならないのは事実なので不要な存在ではないだろう。別に仲介業者を通さなくとも取引自体はできるのだから嫌なら自分ですべてをやるしかないのだ。

不動産仲介業者の今後

今後は仲介業者を巡る議論が活発化するだろう。中でも流通サイトREINS(レインズ)の一般公開議論では業界内で大反発が起きているそうだ。REINSとは簡単に言えば不動産業者しか見る事が見る事ができないサイト。情報はここに集約されていると言っても過言ではない。(もちろん全てではない)これを一般的に公開してしまおうという議論が起こっていて不動産業界の一部がこれに反発しているというもの。公開されてしまうと、大家さんに直接交渉したりする人が現れるから業界では反対している勢力があるが、競争原理を考えれば公開してしまうのがベストなのだろう。

 

別にクソみたいな不動産屋など潰れても問題ない。それで健全化するかしないかは別として、業界全体で不動産業界の今後を議論していかなければならないと思う。そうしなければ不動産仲介業はクソみたいな存在だと思われ続ける事になるから。

スポンサーリンク

 

こんな記事も書いてます

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp