読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

プリズンブレイクの主人公は死んだはずなのにまた新シーズンが始まるのかよ

海外ドラマ プリズンブレイク バカ兄弟


NEW PRISON BREAK TRAILER 2016/2017

プリズンブレイクと言えば2006年からアメリカで放送されたドラマで日本でも絶大な人気を誇ったドラマで多くの人がハマった名作だ。しかしシーズンを追うごとにクソなやっつけドラマと化し主人公であるマイケル・スコフィールドは死んで仲間が墓参りしているシーンを最後に終了した。シーズン1で完結しとけばいいのに無理やり2、3と作って終わらせ方を誤ってしまった典型的なアメリカのドラマ。もう復活しなくてもいいんだけど、なんと2017年春に新作がスタートする(笑)

 スポンサーリンク

 

プリズンブレイクシーズン5のあらすじ

プリズンブレイクファイナルシーズンの4年後の設定。9話で完結する(本当かよ)予定のアメリカだけでなく中東のイエメンなど世界情勢などの現代社会問題を盛り込んだ内容となっているようだ。

 

平穏な日常生活を送っていたマイケルの兄、リンカーン・バローズは、あれだけの事をしてフォックスリバー刑務所に再服役していたはずなのに何故か出所してきたセオドア・Tバッグ・バッグウェルから死んだはずのマイケル・スコフィールドがこれまた何故か中東のイエメンに服役している事実を知らされる。

 

リンカーン・バローズはマイケル・スコフィールドの元妻であるサラ・タンクレディにその事実を伝える。(マイケルが死んだと思っているサラ・タンクレディは既に大学教授のスコット・ネス(新キャスト)と再婚していて、マイケルの息子と3人で幸せな生活を送っていた。)

 

リンカーン・バローズは、マイケル・スコフィールドを救出するため、スクレやベンジャミン・マイルズ・フランクリン(オリジナルキャスト)らと協力して中東イエメンの刑務所へと向かうのだが・・・

 プリズンブレイクで思い出すのは滝のような汗と壮絶な足の引っ張り合い

【Amazon.co.jp限定】プリズン・ブレイク コンプリートブルーレイBOX 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】プリズン・ブレイク コンプリートブルーレイBOX 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

 

プリズンブレイクを見てて思い出すのは、出演者が毎度のように滝のような汗を額に浮かべながら演技している姿。いつも、なんでこいつらこんなに汗かきまくってるの?と思ってた。汗かきすぎなら服脱げばいいのにずっと長袖のトレーナー着て首元から腹にかけての汗染み。暑苦しいことこの上ないが、マイケルの場合はタトゥーが実際掘ってるものじゃないから仕方ないんだよね。でも別のキャラも汗かきまくりだろあれ。

 

しかも、仲間が足引っ張り過ぎて最早コントの領域と化しているクソドラマ。特に兄貴であるリンカーン・バローズが脳筋過ぎて頭がおかしいとしか思えない行動を取る。そもそも、こいつら家族家族連呼してるけど家族全員でお互いの足を引っ張り合ってるんだよ。親父は蒸発、母親は死を偽装して蒸発、リンカーンはグレて脳筋になるし。

死を偽装したことにすれば何にでも話がこじつけれるよね

アメリカのドラマは面白いものが多いけど、クソだなぁって思うのは都合が悪くなったらすぐ死んだことにして終わらせる事。貴重な題材をすぐ使いつぶしてしまうイメージがあるがそれはまあ脚本の構成上仕方のないことなのかもしれない。でも、プリズンブレイクの痛いところは、死んだ奴をなんだかんだ理由をつけて蘇らせてしまうところ。死んだと思わせて実は生きていたとか、面白くもなんともない。

 

あれだけ愛し合っていたはずのサラ・タンクレディもその事実を知らなかったとか話の辻褄が合わなさ過ぎてドラマの内容よりこっちのほうが笑ってしまうわ。子供も嫁さんも捨ててどっか消えておいて実は生きてましたとかぶん殴られてもおかしくないしいちいち中東のイエメンまで出かけて助ける必要もないだろ(笑)

www.youtube.com

次はどのようなこじつけで笑わせてくれるかそっちのほうが楽しみ

プリズンブレイクの新シーズンに期待するのは「次はどのようなこじつけで笑わせてくれるのか」その一点のみ。エンターテイメントの世界なのだからどんな形であれ楽しませてほしい。出演キャラは濃いキャラばかりで良かったしな。ついでにベリックも実は生きていた事にしたほうがいいんじゃないか?それか主人公はベリックかスクレかどっちかでいい。バカ兄弟は本当に死んだことにしておいた方が絶対面白くなるわ。

スポンサーリンク

 

こんな記事も書いてます。

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp