読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

この間からタコ部屋を紹介してくれって問い合わせが多い

この間から、タコ部屋を紹介してくれって問い合わせが多い。事の経緯は、一本の電話から始まるが2DK~の安いアパートで外国人が複数人生活する部屋を探しているというもの。とりあえず、オーナーの意向を確認しないとダメだから申し込み後、通常入居審査とオーナー審査がある事を伝えた。問い合わせはかなりの件数に及び、外国人が賃借人になるというケースと〇〇協同組合が賃借人になるケースとの2パターンだ。どちらも入居できる物件は限られるし、外国人が賃借人になるケースだと難しいこともある。協同組合でも規模によっては、恐らく保証会社を通さないと借りられないんじゃないだろうか。大手では大東建託さんやレオパレスさん、外国人が日本語が話せる前提で大和さんが話を聞いてくれる可能性が出てくるが、後は地場不動産屋が管理している緩い物件しか無理。

スポンサーリンク 

 

外国人研修生のタコ部屋問い合わせ案件が増えている

色々調べていくと外国人研修生受け入れでこの手のタコ部屋問い合わせ案件が増えているそうだ。2DKからの複数部屋がある物件に外国人が複数人入居するというもの。寮というには狭すぎる。どう考えてもタコ部屋なんだけど〇〇協同組合とやらは大丈夫なのかこれ?更に調べてみると〇〇協同組合という小規模の組合が沢山あって合法的に運営されているようだ。

 

合法的な運営ならと思って協同組合自体をネット検索するも、代表電話番号が携帯しか記載されていない場合もあるし怪しさ満点である。そして電話対応がクソ以下。仲介するとトラブルになりそうな案件は即答で断ることにしようと判断した。この時代にタコ部屋だぜ?タコ部屋。本人たちはタコ部屋じゃないと言い張るかもしれないが、世間一般からみたらタコ部屋だし、この手の案件は後々トラブルになる。

やってる事は合法でも世間一般からみたら怪しい

もう少し世間体を考えて運営して欲しいものだが、とりあえず怪しさがプンプン漂ってる。怪しさを隠さない所が唯一有り難い点。大半が合法的にやってて、これが普通と言われれば、はいそうですかと言わざるを得ないが、こちら側にも関わりを持ってくるのであれば疑いの目で見ざるを得ないのが現実。住む場所を貸してくれるのは所有者だからね。所有者は一度変なのに入居されると、追い出しに相当な負担を強いられるから慎重になってもおかしくない。

 

色々な共同組合のウェブサイトを見ていると外国人研修生受け入れについて、さも全うで、私たちはこのような仕組みで受け入れます!なんていい事ばかり書いているが、受け入れるだけ受け入れて置いて住む場所もまだ考えてませんなんて通用しないだろう。しかも金がないからってタコ部屋希望とか、だから怪しまれる。まずは、受け入れ態勢を整えてから受け入れるのが本筋で受け入れてから急ぎで部屋を探してるんです!なんてありえない。各方面に迷惑がかかるってことをまず理解していないし、まるで借りれて当然みたいな物言いをする。そんなに世の中都合よくいくわけないだろ?

タコ部屋を用意してオーナーや管理会社が負うリスク

ダイワ(Daiwa) ロッド インフィート OP 86HB

ダイワ(Daiwa) ロッド インフィート OP 86HB

 

 

仲介する側は、審査が通過して契約してしまえばそこで終わりだが、その後の展開では管理会社やオーナーに迷惑がかかる。審査したのは確かに管理会社やオーナーだが仕事上の付き合いというものがあるからね。相手が契約通り住んでくれれば問題ないが、タコ部屋ということもあって近隣との騒音トラブル、集団生活上のその他トラブルなどいい話は何一つ聞かない。

 

これは受け入れられる外国人が悪いだけでは済まされない問題なんだよ。文化の違いもあるし俺たちの考えている「騒音」と彼らが考えている「騒音」じゃ大きな開きがあったりする。日本人どうし集合住宅に住んでも各トラブルが後を絶たないというのに、文化の違いがあるとどうなるか予想はつくだろう。

 

複数人が部屋に住んでいると、実入居者が入れ替わってもいちいち申告しないため、当初の入居者とは違う人間が住んでいる場合も多いのだ。通常賃貸住宅というのは契約時に誰が実際に入居するのか申請しなければならない。日本人で言えば、親が契約者、子が入居者といったケースがあるが、いつの間にか他人が住んでたらおかしいだろ?これが平気で行われるのがタコ部屋リスク。こんなもの、物が壊れても契約内容によっては誰に請求すればいいんだって話にもなる。

 

外国人研修生が失踪するケースが後を絶たないらしい

タコ部屋に住んでいた外国人研修生がいつの間にか失踪した、という話が後を絶たないらしい。どこに消えてるのか帰国したのか知らないが、失踪するのである。大問題だろう。〇〇協同組合もどんな対応をしているのかよくわからないが、人が一人消えるということは、すごい問題だろう。しかも後を絶たないという話なんだから余計に恐ろしい。外国人研修生を受け入れる理由自体がよくわからないが、安い賃金で人を使えるだけ使うという意図があるとしか思えない。

 

その活動の裏で地域の人間に相当な迷惑が掛かっていること。そうとうな労力がかかっていることを考えてから行動してほしいと思う。

スポンサーリンク

 

こんな記事も書いてます。

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

奴隷のしつけ方

奴隷のしつけ方

  • 作者: ジェリー・トナーマルクス・シドニウス・ファルクス
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2016/04/08
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る