The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

「教員にも休む権利を下さい」そんな主張に皆騙されてね?

dennou-kurage.hatenablog.com

上記記事を読んで共感したが、俺の経験上での教師について思い出したので記事にしたい。

 

教師は勉強を教えるだけの職業でいいんじゃないの?この言葉は至極全うで正しい。教師は勉強を生徒に教えるだけでいいし、その他の事に関しては学校だけでなく家庭や社会の一員として子供たちは学んでいくのが普通の事だと思う。余計な事しなくていいからお前らは勉強だけ教えてればいいんだって思ってる親世代は多数存在する。

togetter.com

上記のリンク先を読む限り、教師は大変な職業で授業や部活、学校運営の全てを担っていて長時間重労働なんだろうなと思ってしまうが、俺が知っている限り教師は自ら勝手にこの道を辿ってきたように思えるのだが間違いなのだろうか?授業で勉強を教えるだけでいいのに自ら勝手に余計な事に手を出して自分たちで首を絞めて行った歴史があるんじゃないのか?

 スポンサーリンク

 

教師は自ら進んで部活や人権問題を追求していたが?

何だかんだ理由つけてブツブツ言ってる教師がいるようだが、君たちの先輩方に文句を言った方がいいんじゃないか?俺の知っている学校(当然別の地区の学校も)では教師が自ら部活を強制し、夏休みでも毎日のように練習させて喜んで生徒をしごいていたように見えるんだよね。夏休みでもない通常月の平日でも、朝練と称して規定登校時間より早く登校させて部活に力を入れたり、そんなの生徒の側の意向で決めれるわけじゃないよね?まあそれで、部活動では結果を残せている経緯があるのかもしれないけど。教員も休みたいのなら、別にこんなのやる必要ないんだけど。勝手にやっといてそれはないよね。

 

部活以外では、人権問題。これどうなのよ?被差別部落だの狭山事件だの放課後に部落解放について委員会を作らせたり、平和学習と称して作文を書かせたりと勉強とは全く関係ないベクトルに力を入れて、学校授業との時間調整に失敗したら授業を休み、自習扱いにしてデモに参加したりと好き勝手にやってたけどね。

働いているふりしている教師が多いんじゃね?

教員にも休む権利を下さい、なんて休めばいいじゃないの?人権問題を追及するほど人権に熱心なんだから人権を主張して休めばいい。教師の場合は、やらなくてもいい事を勝手にやって働いてる気になってるんだからちょっと普通のサラリーマンとは事情が違うよ。誰も望んでない事を率先してやっておいて、休みがないんです;;とか都合がいいにも程がある。それとも本来仲間である他の教員が分担して働いてないんじゃないの?

 

それから普通のサラリーマンとの決定的な違いを俺が教えてやろう。基本的に学校教員は競争社会の中には生きてはいない。一般企業の大変な所は、社内では互いの能力を競い合って、同業種の企業とは社会全体で競い合ってる。結果、景気が悪くなれば給料を減らされながら今まで以上に頑張らなければならない。それは職が無くなればその先がないからだ。そして、教師たちが普段からモンペだモンペだと呼ばれる人種なんて一般社会では当然のように相手をしなければならない。そして利益を出さなければ許されない厳しさがあるんだよ。

 

普通の社会では一般顧客や取引先、全て気が抜ける存在ではない。しかし、教師は普段は基本的に教師の言う事を受け入れる子供たちと教師の主張するモンペたちを相手にするだけ。一般社会では当然のことをさも自分たちは大変かのように説明してる。教師は、一般社会と競争などしなくとも平均以上の給料を得て基本、景気の影響は受けない。こんなので自分の仕事に対するモチベーションが上がるわけないだろ?逆に言えば仕事しなくても給料が変わらず入ってくるわけだ。

 

真面目な教員の方々には申し訳ないが、俺が学生の頃からの記憶と現在までの教育会の状況を見ていると教育界の待遇の問題じゃなく、面倒な事を押し付けあってるだけないんじゃないか?それもやらなくてもいい事を勝手に始めておいてやめるにやめられなくなったというマヌケな状況。

分業化して互いの領域を侵さなければ楽になるが?

教師の資質 できる教師とダメ教師は何が違うのか? (朝日新書)

教師の資質 できる教師とダメ教師は何が違うのか? (朝日新書)

 

 

「教員にも休む権利を下さい」って誰も休むなとは言ってない。学校の方針か管轄省庁の方針か知らないが勝手に自分たちで自爆してるだけ。嫌なら分業化して互いの領域を侵さない事。

www.b-chan.jp

上記の記事内にも非常に共感できる文章がある。

要約すると不動産を売るという事案があって、売るには様々な専門知識が必要となるがその専門知識には税金の知識、土地売買の知識、近隣との折衝をする知識、境界をハッキリさせる知識、登記に関する知識多岐に渡る。不動産の世界ではそれぞれに専門家がいてうまく分業化されているというもの。一人でやろうとすると膨大な知識が必要な上に責任は自ら全て受け止めなければならないと言う非効率極まりない結果になる。教員の世界に必要なのはまずは分業化して効率化を図ることなんじゃないのか?

スポンサーリンク

 

こんな記事も書いてます。

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

今、頑張れないヤツは一生頑張れない。 ―カリスマ講師・吉野敬介の成功に導く100の言葉

今、頑張れないヤツは一生頑張れない。 ―カリスマ講師・吉野敬介の成功に導く100の言葉

  • 作者: 吉野敬介(よしのけいすけ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 42回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る