読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

カナダ(バンクーバー)の治安が良いなんていい加減な事を書かないほうがよくね?

headlines.yahoo.co.jp

カナダ(バンクーバー)の治安が良いなんてマスコミはどこで調べたのか知らないけど日本と比べて治安が良いってことか?治安良い街に衝撃なんて書いてるけどいい加減な事を平気で書くのはやめてもらいたい。比較的安全なんて書いてる奴らもいるけど日本国内で思ってる安全と実際に事件の起こったカナダ(バンクーバー)では治安の価値観が全く違う。想像している以上に治安は悪いしありとあらゆる人種が入り混じって独自の経済圏を形成する場所なのだから甘い考えで行動していると痛い目にあう。

 スポンサーリンク

 

カナダ(バンクーバー)の治安は他の国よりマシ程度

これからカナダへ留学を検討している人に言いたい。カナダの治安の良さは他の国よりマシ程度だ。まずリッチモンドにあるバンクーバー国際空港に到着した時から警戒態勢に入らなければならない。ワーホリや語学留学生の多くは到着後、空港両替所で現地通貨に両替してもらうがここでは大金を両替しないこと。空港内で強盗が君の金をチラ見してるから。到着早々、強盗にあいましたなんて簡便してほしいだろ?ある程度の人がいるところで安全かと思いがちだが全然違う。大金なんて持ってたら襲われて当然。寧ろ襲われるほうが悪いレベル。こんなことは常識として行動しないとバカ扱いされるぞ?

 

留学生やワーホリで行ってる人は恐らくダウンタウン界隈に住むことになるだろうが昼間は良くても夜は頭飛んでる奴がウロウロしてるし昼間でも裏通りに入ればぶっ飛んでそうな奴が寝っ転がってる。大きい通りからは絶対に逸れないように注意してもらいたい。少なくともデカいゴミ箱がドーンと置いてある通りは昼間でも通らない事。ダウンタウン付近で危険な通りと言えばヘイスティンストリート。

 

www.youtube.com

まさにこんな感じ。まあこんなところ近づく理由もないが薬物が売ってたりするからな。きれいな公園緑地帯なんかも注射器が落ちてたりするし、普通に危険。よく言われてるのが注射針が刺さってしまったなどのうっかりミスが本当にあるから注意。昼間ウロウロしてる浮浪者なんかは金くれ恵んでくれと小うるさいからシカトして逃げるべし。何故なら大半は薬物中毒で頭が飛んでるから。

 

Gastown周辺には特に用心が必要となる。上の動画で出てくるのはこのHasthings Streetだが夜は絶対に近寄らないようにする事。ワーホリや語学留学生は最初は右も左もわからないから慣れるまでは特に注意してほしい。怖いもの見たさで歩きたければ勝手にすればいいが危険に自ら投じることはない。

 

B16 地球の歩き方 カナダ 2016~2017 (地球の歩き方B16)

B16 地球の歩き方 カナダ 2016~2017 (地球の歩き方B16)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 どちらにしてもワーホリや留学生はロブソンストリートを中心に動く人が多いだろう。この辺りでも夜になると変な奴がウロついていて結構危険だと思う。バンクーバーのサマータイムは普通に夜10時とかでも全然明るいからね。ネオンで明るいってことじゃない。夕方より少し昼に近いくらいの明るさなんだよ。勘違いしてるともう10時だったって事も普通にある。だから余計に注意しておかないと危険なんだ。

 

 

上の店はヘイスティンストリートにあるものだが、鉄格子がついている。風景がこんな感じにガラっと変わるともう怪しい。警戒して歩く事が必要となる。昼はまあいいとしても夜は絶対にダメ。

 

 

町がちょうど切れてスタンレーパークが見えているが意外とその周辺も危険地帯となる。留学生が行方不明になるなど事件が起きてるし先ほど書いた公園緑地帯に落ちている注射器等にも注意が必要となる。

 

このように一見美しく、安全そうに見える地域だがマスコミが書く「治安がいい街」なんて戯言は信じない方がいい。だからと言って語学留学するなとは言わないし気を付けていればなんとかなるが少なくとも自分が日本で生活していて安全だなんて言われているレベルとは全然違ということを頭に入れておかなければならない。

 

最初から住む場所を決めていく人もいるが、中には現地で済むところを決める人も少なからずいて、現地にある情報交換掲示板やウェブサイトを利用してシェア仲間を探したりもするが決して女性一人で行かないこと。これは日本でも当たり前。行くやつは馬鹿としか言いようがない。

www.oopsweb.com

結構有名どころだがこのようなウェブサイトもあるのでしっかり準備をして安全なんて言葉に騙されることなく、ワーホリ、留学生活を楽しんでほしい。とくに日本人ってマスコミとか本とかでバンクーバーが安全って言葉を聞くと鵜呑みにしてしまう人がいるからね。もともと舐めてる人もいるけど。時々いるだろ?私は大丈夫でしたよ?だから安全だし大丈夫なんて言い始める奴。そりゃその人が被害に合わなかっただけの話であって誰しもに当てはまることじゃないんだよね。

 

「比較的安全」「バンクーバーは安全」「バンクーバーの治安はいい」「バンクーバーなら大丈夫」「バンクーバーが安全だからお勧め」何も被害に合わなかったら東南アジアだろうと、中国だろうとバンクーバーだろうとそいつにとっては大丈夫なんだよ。でも、次回も同じように安全かつ無事に済むとは言い切れないよね。

 

自分がよく知らない地域っていうのは基本的に安全なんて言葉を使ってはいけない。使っていいのは外務省が比較的安全、注意の上渡航して下さいって書いていいくらい。マスコミや雑誌ごときが口コミや雰囲気で安全だなんて書いていいわけないんだよね。このくらい留学しようとしている人は本来理解できてるはずなんだけど、バンクーバーに到着し、無事空港からダウンタウンに着いた辺りから日本人の多さに勘違いしてしまうのかな?ほんと、ここは日本か?って思ってしまうんだよ。それくらい日本人が多くて確かに夜でも普通に歩いてるから。

 

後、ルームシェアをする確率が圧倒的に高くて留学生やワーホリに来た人なんて当たり前のようにシェアしてるし、日本人以外とも平気でシェアするんだよ。それ用の掲示板もあるし、確かに簡単にシェア仲間を探せるけど運悪く事件に巻き込まれたりする。本来、自分を磨くためだったり、楽しむためだったりする海外留学だが、警戒心は常に持っておかないと碌なことにはならないから。

スポンサーリンク

 

こんな記事も書いてます。

 

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

 

現代カナダを知るための57章 エリアスタディーズ

現代カナダを知るための57章 エリアスタディーズ