読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Gizmosquito ギズモスキート

社会問題や気になる事なんでも適当に書きなぐる意味不明なブログ

ベルセルクのガッツパイセン『復習』の旅に出る

f:id:morningglorycloud0203:20161018115929j:plain出典:Hulu http://www.hulu.jp/(スクリーンショット)

Huluでベルセルクが配信されているので見ようと思っていましたが、ふと詳細を開くとなんとガッツパイセンは、復讐ではなく復習の旅に出るとの事で驚きました。ベルセルクは主人公であるガッツがゴッドハンドや使徒を復讐のため身の丈以上の大剣を振り回して倒して回るというストーリーだが復習とはいったいどういう事なのだろうか。

スポンサーリンク

 

 復讐→復習一文字で印象が変わるダークファンタジー

頭ではちゃんと理解してる。わかってるんだって!この記事では誤字脱字を批判したいわけじゃなくて、ダークな印象の物語が漢字一文字でガラッと変わってしまうなんて、言葉、文字って大事なんだなぁと改めて思わされたという話なんだよ。ベルセルクは物語の内容がよく練られていて後から振り返るとこの会話にはこのような伏線があったのかとか、連載当時にはセリフが語られていたのに、コミック版では会話の内容が消されていたり(「オレは二度と・・・!二度とお前とお前を許せなくなる」→「オレは二度と・・・!二度とお前を・・・」)と会話や言葉の内容に重みがあるし軽い言葉では表現しきれない事を後から改変したりと、いたる処にこだわりが見られるが、あらすじや物語の紹介の時点で重要キーワードが間違えられてると印象が微妙なものになってしまう。

 

まあ、これくらいのかわいい誤植なら笑えるし面白い程度で終わるからいいんだろうけどね。何の復習で旅に出るんだろう?とか逆に気になってしまった。ベルセルクに関しては早く話を進めて貰いたいんだが、単行本もずっとストップしてたし連載も飛ばし飛ばしかつ休載していたりとか本当に完結するのか?って思ってしまうけど、これ完結しないよね??後はご想像にお任せしますとか、俺たちの戦いはまだまだこれからだ!みたいな終わり方しないよね???それだけが心配でしょうがないんだけど、どう考えても物語はまだ序盤か中盤に差し掛かったところみたいな感じだし、ゴッドハンド誰一人として倒してないし、受肉したグリフィスが引き連れてる使徒にだって苦戦してるし、ガッツパイセン白髪混じりになって体調悪げにしてるしで途中で死んじゃうんじゃ?

 

アニメ版ベルセルクと2016年8月から連載も再開したベルセルク

待望の連載再開を果たしたベルセルクだが、果たして物語を最後まで読むことは可能なのだろうか。単行本も38巻が発売されてなんとか先には進んでくれているけど、話が壮大過ぎてもう最終回は諦めたほうがいいのだろうか?アニメ版のベルセルクでは3DCGが使われているが、ちょっと見ずらい感じがするし音楽も合ってないような感じがする。全部見てしまうんだろうけどね・・・

スポンサーリンク

 

 こんな記事も書いてます。

mojitonews.hateblo.jp

mojitonews.hateblo.jp

ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)

ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)